オーストラリアは日本と似た感じらしい

英語を習得するためには留学するのはとても効果的な方法です。英語も言葉ですから、話すことが習得することには不可欠で、英語ならば英語しか周りにない環境を作り英語を話すしかない状況を作ることが大切なのです。 留学と一口に言いましても、英語を母国語とする国は沢山あります。まずは何と言ってもイギリスにアメリカそれからカナダ、オーストラリア、ニュージーランドとあります。最近では母国語ではないですが、フィジーやフィリピンなども格安で留学できることで人気になっています。これだけあるなかで留学先を決めるのはなかなか大変ですよね。 英語の本場といえばやはり英国、イギリスですよね。しかし、イギリスはブリティッシュイングリッシュと言われる程独特のアクセントがあります。日本の英語教育ではアメリカ英語が中心ですので、聞き取りにくいと感じてしまうこともあるでしょう。かと言って、じゃあアメリカかと言われればアメリカにもやはり色々なアクセントがあります。そういった独特なアクセントのない英語を求める方はカナダを選ばれることが多いようです。しかし、アクセントの有無にそれほど重きを置くことはありません。 留学となると中期から長期の滞在になるので文化の違いへの理解も必要になってきます。宗教や習慣、食事などが違うと戸惑うこともあるでしょう。 オーストラリアにもアクセントはありますが、上記の国の中では日本と似た感じの国だと言えます。食事に関しても日本食が好きだという方も多くみられ、自家製の豆腐を作っているという人までいます。また気候も日本と似た感じで春夏秋冬が少しですが感じられます。もちろん、南半球ですからこちらが夏の時オーストラリアは冬と正反対の季節になりますが。また、物価もそれほど高くなく、イギリスなどに比べれば安価で留学することができます。 時間の感じ方は非常にゆっくりで、あまり待ち合わせの時間などには厳しくありません。俗に言う沖縄時間のような感じです。自然も多く、ゆったりとした気持ちで英語に向き合うことができますよ。

人気の留学先の国ってどこかな ALL RIGHTS RESERVED

designed by makehomepage [PR]ホームページ制作 格安 [PR]ホームページ制作 大阪